2007年05月22日

校長先生とクジラ

今日は山村浩二監督アニメーション
『校長先生とクジラ』について紹介します。

クジラ・・・最近クジラのニュースといえば岸に乗り上げて
身動きがとれなくなっているというのを思い出しました。
さらにこのアニメを見て小学生のころ給食で
クジラ肉が出ていました。
でも、あるときからクジラ肉は給食にでてこなくなりました。
捕鯨によってだんだんとクジラの数が減ってきているからです。

このアニメで校長先生のクジラに対する思い、
やさしさに触れることがでいました。

動画

ストーリー
とある海の見える学校。
廊下ではしゃぐ子供たちとは対象的な年老いた校長先生。
幼いころ描いたクジラの絵を見ながら、物想いにふけっていると、
過去の記憶がフラッシュバックする。
ちょうどその時、海の向こうに見えたものは―

山村浩二監督によって現在進行中のこのアニメーションは、
そんなメッセージが込められた、
とても印象的なアニメーションとなっています。
ぜひ、皆様ご期待ください。

※BloMotion・キャンペーン参加記事
posted by らくだ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | CD・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42560859

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。